top Fair Isle collection ワークショップ in 東京2020・春 暮らしに写真を
blog ten old BOOK vol.3
教室 「 フェアアイル日和 in 岡山 」 Profile
コラム お買物方法 教室 「フェアアイル日和 in アトリエ e-mail
 
「フェアアイル日和」

5月の教室の日程が決まりました!
「フェアアイルを編みたい気分」なときに気軽に参加…という型式の教室です。
 カリキュラムも宿題もなく、
 お手持ちのキットを持ってきていただき、
 みなさまと楽しい編み物じかんを作っていければ・・・と思っています。
 もちろん、ten oldのフェアアイルの知識や経験をたくさんお伝えいたします。
 
「憧れのフェアアイルを編んでみたい!」という、ビギナーさん、
「フェアアイルセーターを美しく編みたい」とステップアップしたい方、
「プルオーバーのセーターのキットを、カーディガンで作りたい」などアレンジしたい方、
「サイズ変更をしたいけど・・・」と、悩んでいる方・・・・・・
そんな一人一人のご要望や質問にお応えしていく、ゆったりとした教室です。
  
~ 教室のコンセプト ~
 『フェアアイル日和』は、 <入会金や月々の月謝をが必要>というような、<一年を通じて毎月通う教室>とは異なります。
 毎月1日のホームページ更新の際に、その翌月の教室開催日時をお知らせいたします。 その開催日時においてご都合があえば予約をいただき、参加をしていただくという教室です。
 
「気が向いたら」や「必要なときに」参加していただく教室ですので、毎回の教室ごとに参加の予約をお願いいたします。
 
 教室の開催は、毎月1回(1日または2日間)を予定しています。
  (酷暑の頃や、ten old のイベントがあるときは、お休みします)
●第81回開催日時 
   5月16日(土曜)/ 12:00~16:00
   5月17日(日曜)/ 12:00~16:00
                       ※各開催日、定員は8名まで
 
●第80回開催日時 
   4月18日(土曜)/ 12:00~16:00
   4月19日(日曜)/ 12:00~16:00
                       ※各開催日、定員は8名まで
   
※18日(土曜)は定員となりました。
 
●場所  Rental Space LUVIO/レンタルスペース ルヴィオ
       岡山市北区中山下2-2-49-2F
      ※車でお越しの方は、近くのコインパーキングへお停め下さい。
  アクセス/ ・岡電(路面電車)の清輝橋行きで田町下車。徒歩2分
          ・天満屋バスステーションから徒歩4分

 

 
 
 
○募集定員   各曜日8名まで
○講習対象者
  ten old のキットをお持ちの方。
  または、下記の教室用教材キットを購入いただいた方。
  ※フェアアイルを編んだことがなくても、プルオーバーは編めるなど、
   編み物の基本を習得されている方の教室となります。

○講習料金  3,500円(お菓子つき。飲み物はご持参ください。
         ※教室開催当日、受付をするときにいただきます。
○参加予約方法 
  お名前、ご住所、電話番号、参加希望日の4つを必ず記入いただき、
  教室開催の一週間前までに、メールか、ファックスでご予約ください。

 ☆ 参加申し込み1件につき1名様のご予約でお願いします。
※この教室にあわせてten oldのフェアアイルキットの購入ををご希望の方は、ご用意に時間がかかりますので、キットの注文は教室の日の1ヶ月間前までにお願いします。(下記の教材キットはすぐご用意できます)
  ※ キャンセルの場合は、お早めにご連絡をお願いいたします。
  ※ また定員いっぱいになっている場合の、キャンセル待ちも承ります。
○申し込み先 ten old  y-omura@nifty.com   fax/0875-23-2055

 
教材キットが新しくなりました ♪

『№L174-10 〈野の〉の輪針ケース』  5,500円
内容: 毛糸 ・編み図 ・作り方説明書 ・裏布 
※ 教室「フェアアイル日和」参加者限定キットです。  
 
『№L174-10 〈野の〉の輪針ケース』で学べること 
 
『野の』の柄には、「一目一目を交互に編み込む」模様があります。
この模様、簡単そうですが、模様がはっきりと現れなかったり、引きつれたり、ゲージもきつくなりがちに・・・などなど、意外に難しい。『野の』のパターンで、総柄模様を美しく編むテクニックを習得していきましょう。
 
講習作品は「輪針ケース」ですが、「バック」として編むこともできます(バックの編み方説明書も付属)。

 ショルダーひもを付ければサコッシュに(ひもと金具は教材に含まれません)
バックのほうは、「輪針ケースのように目数が少ないものを編むのはむずかしい」という、フェアアイルのビギナーさんにおすすめです。 
 短いひもを付ければミニバックに(ひもと金具は教材に含まれません)
「号数で分けて輪針を仕舞えるように、輪針ケースを2個作る方がいいな♪」
「編み込みはまだ慣れていないから、バックを作ろうかな♪」
と、お好きな作品をお選びください。 


当サイトの画像、テキスト、セーターや編地のデザイン・柄模様等を無断で使用することを禁じます。
Copyright 1998 Yuka Yokoyama, All rights reserved