top Fair Isle
collection
ten old
フェアアイルニット本
ten old
フェアアイルセーター展
in 岡山&東京
ten old
ニッティング
教室
お買物方法 コラム Profile Link
blog e-mail
 
「フェアアイル日和」

4月の教室の日程が決まりました! 
 ten old が、フェアアイルのニット教室を始めます。
 教室の名前は、『フェアアイル 日和』。
「フェアアイルを編みたい気分」なときに気軽に参加…という型式の教室です。
 カリキュラムも宿題もなく、
 お手持ちのキットを持ってきていただき、
 みなさまと楽しい編み物じかんを作っていければ・・・と思っています。
 もちろん、ten old が持っているフェアアイルの知識を、いっぱいお伝えいたします。
 
「憧れのフェアアイルを編んでみたい!」という、ビギナーさん、
「フェアアイルセーターを美しく編みたい」とステップアップしたい方、
「プルオーバーのセーターのキットを、カーディガンで作りたい」などアレンジしたい方、
「サイズ変更をしたいけど・・・」と、悩んでいる方・・・・・・
そんな一人一人のご要望や質問にお応えしていく、ゆったりとした教室です。
  
~ 教室のコンセプト ~
 教室『フェアアイル日和』は、 <入会金や月々の月謝をが必要>というような、<一年を通じて毎月通う教室>とは異なります。
 毎月1日のホームページ更新の際に、その翌月の教室開催日時をお知らせいたします。 その開催日時においてご都合があえば予約をいただき、参加をしていただくという教室です。
 
「気が向いたら」や「必要なときに」参加していただく教室ですので、毎回の教室ごとに参加の予約をお願いいたします。
 
 このように、決まった日時に毎回通うこともなく、またその日までの宿題をこなさなくてはいけないなどのストレスを感じることもなく、皆様のペースで通っていただくことができます。
 また、岡山より遠方にお住まいの方も、岡山の観光もかねて、いつでも参加することができます。
 
 教室の開催は、毎月1回(1日または2日間)を予定しています。
  (酷暑の頃や、ten old のイベントがあるときは、お休みします)
●第69回開催日時 
   4月20日(土曜)・21日(日曜) / 12:00~16:00
                       ※各開催日、定員は8名まで

  
 ※20日(土曜)、21日(日曜)ともに定員となりました。
 
●場所  Rental Space LUVIO/レンタルスペース ルヴィオ
       岡山市北区中山下2-2-49-2F
      ※車でお越しの方は、近くのコインパーキングへお停め下さい。
  アクセス/ ・岡電(路面電車)の清輝橋行きで田町下車。徒歩2分
          ・天満屋バスステーションから徒歩4分
 

 
 
 
○募集定員   各曜日8名まで
○講習対象者
  ten old のキットをお持ちの方。
  または、下記の教室用教材キットを購入いただいた方。
  ※フェアアイルを編んだことがなくても、プルオーバーは編めるなど、
   編み物の基本を習得されている方の教室となります。
○講習料金  3,500円(お菓子つき。飲み物はご持参ください。
         ※教室開催当日、受付をするときにいただきます。
○参加予約方法 
  お名前、ご住所、電話番号、参加希望日の4つを必ず記入いただき、
  教室開催の一週間前までに、メールか、ファックスでご予約ください。
 ☆ 参加申し込み1件につき1名様のご予約でお願いします。
※この教室にあわせてten oldのフェアアイルキットの購入ををご希望の方は、ご用意に時間がかかりますので、キットの注文は教室の日の1ヶ月間前までにお願いします。(下記の教材キットはすぐご用意できます)
  ※ キャンセルの場合は、お早めにご連絡をお願いいたします。
  ※ また定員いっぱいになっている場合の、キャンセル待ちも承ります。
○申し込み先 ten old  y-omura@nifty.com   fax/0875-23-2055
 
№L166-8 old memory ボタンのバック」  5,800円
内容: 毛糸 ・編み図 ・作り方説明書 ・裏布 
※ 教室「フェアアイル日和」参加者限定キットです。  
★「old memory ボタンのバック」で学べること
裾から肩まで輪編みしていき、
袖ぐりや衿ぐり、カーディガンの前立ては、
ハサミで切って開く ―
 
そんなフェアアイルニットの作り方、
「スティーク」を初めて知ったとき、
ほんとうにびっくりしたものです。
毛糸で編んだものなのに、ハサミを入れるなんて、
大丈夫かな?って。
 
このワークショップでは、
『old memory ボタンのバック』を編みながら、
「スティーク」の作り方を勉強していきます。
 
『ボタンのバック』の作り方は、ショールと全く同じです。
この小さなバックを編むことで、
ショールやカーディガンを編むときのポイントを
押さえることができます。
 
また、この講習では、フェアアイルのニットテクニックについてのいろいろなことも、お話しいたします。
例えば……
▽編み込みの基本(糸の持ち方、ゲージについてなど)
▽編み込みを美しく編むコツ 
▽2色で編む二目ゴム編みの編み方
(往復に「平編み」で編むときのポイントや注意点など)
▽ボタンホールの作り方
などなど。   
 
このワークショップにご参加いただくことで、
フェアアイルニッティングのおもしろさを、
より深く知っていただけると思います。
 

当サイトの画像、テキスト、セーターや編地のデザイン・柄模様等を無断で使用することを禁じます。
Copyright 1998 Yuka Yokoyama, All rights reserved