top Fair Isle
collection
ten old フェアアイルニット本
発売
ワークショップ
in
東京
ten old
ニッティング
教室
お買物方法 コラム Profile Link
ten old Fair Isle BOOK vol.2
blog e-mail
 
ten old ワークショップ in 東京 2017 冬
『 小さなバックを編んで、フェアアイル独特の技法を学ぶ 』

12月2日(土曜)・3日(日曜)・4日(月曜)
「銀座ルノアール 四谷店」にて
 
★無事終了いたしました。
ご参加いただき、そして応募していただき、
ありがとうございました。

フェアアイルニットでの特徴的な編み方「スティーク」を学べる、
ワークショップ in 東京を、開催します!
今回の教材キットは、「old memory ボタンのバック」です。

 
★『№L166-8  old memory ボタンのバック』で学べること
裾から肩まで輪編みしていき、
袖ぐりや衿ぐり、カーディガンの前立ては、
ハサミで切って開く ―
 
そんなフェアアイルニットの作り方、
「スティーク」を初めて知ったとき、
ほんとうにびっくりしたものです。
毛糸で編んだものなのに、ハサミを入れるなんて、
大丈夫かな?って。
 
このワークショップでは、
『old memory ボタンのバック』を編みながら、
「スティーク」の作り方を勉強していきます。
 
『ボタンのバック』の作り方は、ショールと全く同じです。
この小さなバックを編むことで、
ショールやカーディガンを編むときのポイントを
押さえることができます。
 
また、この講習では、フェアアイルのニットテクニックについてのいろいろなことも、お話しいたします。
例えば……
▽編み込みの基本(糸の持ち方、ゲージについてなど)
▽編み込みを美しく編むコツ 
▽2色で編む二目ゴム編みの編み方
(往復に「平編み」で編むときのポイントや注意点など)
▽ボタンホールの作り方
などなど。   
 
このワークショップにご参加いただくことで、
フェアアイルニッティングのおもしろさを、
より深く知っていただけると思います。
 
※「old memory ボタンのバック」は、
この東京でのワークショップ限定となります。 

当サイトの画像、テキスト、セーターや編地のデザイン・柄模様等を無断で使用することを禁じます。
Copyright 1998 Yuka Yokoyama, All rights reserved