top Fair Isle collection ワークショップ in 東京2019・秋 暮らしに写真を
blog ten old BOOK vol.3
教室 「 フェアアイル日和 in 岡山 」 Profile
コラム お買物方法 教室 「フェアアイル日和 in アトリエ e-mail
 
ten old ワークショップ in 東京 2019
『 輪針ケースで、〈模様を美しく編む〉を学ぶ 』

11月23日(土曜)・24日(日曜)・25日(月曜)
「銀座ルノアール 四谷店」にて
 
無事終了しました。ご参加のみなさま、ありがとうございました!
今回のワークショップ in 東京  では、
「フェアアイル模様を美しく編む練習と、そのコツ」を
メインテーマにしたレッスンを行います。
教材キットは、「〈野の〉の輪針ケース」です
★『№L174-10 〈野の〉の輪針ケース』で勉強できること
『野の』の柄には、「一目一目を交互に編み込む」模様があります。
この模様、簡単そうですが、
模様がはっきり現れなかったり、引きつれたり、ゲージがきつくなりがち・・・など、意外に難しい。『野の』のパターンで、「フェアアイルの総柄模様を美しく編む」テクニックを習得していきましょう。

講習作品は「輪針ケース」ですが、「バック」として編むこともできます(バックの編み方説明書も付属)。

 ショルダーひもを付ければサコッシュに(ひもと金具は教材に含まれません)
バックのほうは、「輪針ケースのように目数が少ないものを編むのはむずかしい」という、フェアアイルのビギナーさんにおすすめです。 

 短いひもを付ければミニバックに(ひもと金具は教材に含まれません)
「号数で分けて輪針を仕舞えるように、輪針ケースを2個作る方がいいな♪」
「編み込みはまだ慣れていないから、バックを作ろうかな♪」
と、お好きな作品をお選びください。
 
さらに、この講習ではフェアアイルのニットテクニック、
▽編み込みの基本(糸の持ち方、長く糸が渡るときの糸の絡め方、ゲージについてなど)
▽編み込みを美しく編むコツ 
▽フェアアイルを編む楽しさ
についても、たくさんお話しいたします。


当サイトの画像、テキスト、セーターや編地のデザイン・柄模様等を無断で使用することを禁じます。
Copyright 1998 Yuka Yokoyama, All rights reserved