top Fair Isle
collection
ten old フェアアイルニット本
発売
フェアアイル
セーター展
2017
ten old
ニッティング
教室
お買物方法 コラム Profile Link
ten old Fair Isle BOOK vol.2
blog e-mail

フェアアイルセーターの編み方について
スティークのこと
 フェアアイルセーターを編み方の一つに、身頃を裾から肩まで輪で編んでいって、袖ぐり衿ぐり、そしてカーディガンなら前開きをハサミで切って開く(スティーク)手法があります。
 これはフェアアイルセーター発祥の地であるシェトランド諸島の伝統的な編み方で、その長所としては
 裏編みをすることなく、つねに表の柄を見ながら編み進められる
などがあります。
 ten old のキットには、スティークを使った編み方の写真入説明書を入れています。
とはいえ、スティークしなくても・・・
 ですが、輪で編んでハサミで切り開かないとフェアアイルではない、ということでもありません。
「前身ごろと後ろ身頃を別々に編んで脇ではぐ」、
「裾から脇下まで輪で編んで、そこから肩までは往復編みする」など、
フェア島ならびにシェトランド諸島の人々でも様々な編み方をしています。
 シェトランド諸島で出会ったあるニッターさんはこう言いました。
「どんなやりかたでもいいのよ。自分に一番合う方法で編むことが、くれぐれも大切」
 ten old も同じように考えています。
「Happy knitting !」
 ten old のキットを、自由に、自分なりに、楽しみながら編んでいただけたら、と思っています。

フェアアイルセーターの故郷、シェトランド諸島の大自然によって育まれた毛糸で編む、オリジナルニットの世界。

フェアアイルセーターの完成品とキットを販売しています。

軽くて(一着約500グラム)暖かい、そして10年(ten old)以上愛されるセーターはいかがですか?

当サイトの画像、テキスト、セーターや編地のデザイン・柄模様等を無断で使用することを禁じます。
Copyright 1998 Yuka Yokoyama, All rights reserved