top Fair Isle
collection
ten old フェアアイルニット本
発売
フェアアイル
セーター展
2017
ten old
ニッティング
教室
お買物方法 コラム Profile Link
ten old Fair Isle BOOK vol.2
blog e-mail
フェアアイル作品えらびのヒント
フェアアイルセーターを編みたいお客様へ(キット購入希望の方へ)

  現在、ten old のフェアアイルニット作品は、セーターから小物まで約100作品あります。
このなかから、どのフェアアイルを編もうかと迷われるお客さまも多いと思いますので、作品選びのアドバイスをこちらに紹介します。


T・初めてフェアアイルを編む人は、まずマフラーや帽子を編んでみることがお勧めです。
 小さな作品は編む量が少ないので早く出来上がります。とにかく、完成する喜びを知ることが、フェアアイル上達の第一歩です。また、自分の編む手の加減がきついのかゆるいのか、編み込みのゲージを知るのに、マフラーや帽子はとてもいいと思います。

U・セーターやベスト、ブランケットなどについては、大きな柄模様より、小さな柄模様の作品が編みやすい。
 大きな柄模様だと、裏地では横に毛糸が長く渡り、糸がもつれたりして、編地を美しく仕上げるのがむずかしくなります。また、横に渡った毛糸が長いと、セーターやベストを脱ぎ着するとき指がひっかかります。それを防ぐには、毛糸の余分なたるみをとるように毛糸を絡ませながら編んでいくのですが、この作業には慣れが必要で、最初はなかなかスムーズに編めないこともあります。まずは小さな柄模様の作品にチャレンジして、フェアアイルの楽しさを知ってもらうのが、テンオールドのお勧めです。

フェアアイルのような「編み込みのセーター」を初めて編む方にお勧めの作品
No.110 海へNo.83 beginNo.103 flowNo.90 たのしそう-赤No.91 うれしそう-青

セーターのオーダーメイドをご希望のお客様へ〜サイズ合わせのヒント〜

このセーター、自分のサイズに合うかしら?そんなとき、ten old はこんな方法をおすすめしています。
1・現在お客さまが所有しているお気に入りのセーターを用意します。
2・次に、そのセーターの胸回り、着丈、肩幅、ゆき丈、袖幅を計測してください。
★計測のコツ
 まずセーターを下の図のように平らに広げます。そのとき、ゆがみやたるみのないように、また、伸ばさないように広げてください。そして計測をはじめます。
●胸回りは・・・下図のように、脇下あたりで計測してください。
●着丈は・・・下図のA のポイントから裾のゴム編みの端までを計測してください。
●ゆき丈は・・・セーターの背中心(身頃の真半分の位置)から、袖のゴム編みの端まで計測してください。
●袖幅は・・・袖の幅の一番太い(広い)部分(下図のように身頃と接しているあたり)を計測し、袖周りのゆとりをご確認ください。



3・計測した数値を目安にして、ten old 作品をお選びください。

フェアアイルセーターの故郷、シェトランド諸島の大自然によって育まれた毛糸で編む、オリジナルニットの世界。

フェアアイルセーターの完成品とキットを販売しています。

軽くて(一着約500グラム)暖かい、そして10年(ten old)以上愛されるセーターはいかがですか?

当サイトの画像、テキスト、セーターや編地のデザイン・柄模様等を無断で使用することを禁じます。
Copyright 1998 Yuka Yokoyama, All rights reserved